クンニ大好きサイト

全力全開でクンニを楽しむ

クンニ大好きサイト

クンニを研究

男優が女優のおまんこを丹念に舐め、それによって潮を吹くシーンがアダルトビデオでは散見されます。
これは作品の流れにもよりますが、だいたい王道と呼ばれる構成の一部に入っているものです。
実際に女の子相手にセックスする時、この王道でやると女の子がまだ興奮していないので、かみ合わない場面もあるでしょう。
その場合は、クンニに入る前にまずしっかりと体を洗い、お互いきれいな状態で裸になるのがベストです。
女の子は匂いについては大変敏感であり、男性の匂いはもちろん、自分の股間が臭わないか特に注意しています。
そのため、股間に顔をうずめられるのを最初は嫌がるものです。
ただ、一度おまんこを舐められてしまえば後は流れに身をゆだねる子が多いので、いかにそこまで持っていくかが鍵になるでしょう。
パンツの上から女の子のおまんこを刺激する方法はいくつかあり、指マンやバイブレーターなどはその代表です。
舌で刺激する場合は、どうしても自分の唾液がつくので、それを考慮して、新しい下着を用意してもらうのが鉄則でしょう。
セックスをする場合は、それに見合った準備をしておかないと、後で困ることになります。
クンニをする場合はいきなり舌をおまんこに入れてかき回すだけでも十分に刺激的です。
ただ、ベテランの男優のプレイをアダルトビデオで研究するとわかりますが、決して最初から核心たるクリトリスを攻めることはなく、太ももなどに舌を這わせて、だんだんと興奮させていく様子が認められます。
これは、じらしていくことで女の子の自然な羞恥心や興奮する気持ちをあおるためです。
セックスは精神的なせめぎあいでもあり、肉体の反応は精神的なものから来ています。
そのため、いくらテクニックが優れていてもムードがないセックスに女性は興奮しないものです。
だからこそ、クンニの合間に濡れている状況を説明し、言葉責めの要素を加えたり、キスの合間に淫猥な言葉であおったりすることは重要なのです。
女の子は口では嫌がっていても体が反応し、刺激を受ければ声が漏れるので、最後には快感を否定しないようになります。
そうなれば後はイカせ放題ですので、持てる限りの技術を使い、女の子をイカせてあげましょう。
舌だけで女の子を波打たせることができるのはクンニをおいて他にはありません。
幾度か女の子の性感帯を探してみて、一番感じるポイントを見つけたら、そこを重点的に攻めるか、最後までじらしておいて一気に刺激するか、いろいろ工夫をしてみましょう。